メンズファッションのポイントはうるさくなりすぎないことです。
「うるさい」とは誇張が強すぎるということです。

例えば、上は柄物、下はダメージ、ゴツめのネックレスにシルバーブレスと1品で存在感を演出するものを多用することで周りにはうるさく見えてしまうのです。

1点ものを組み合わせるとこうなってしまう傾向にあります。
目を引く物は多くても2点までとルールを決めてファッションを決めましょう。

野球でもサッカーでもそうですが、スターばかりを揃えればいいというものではないのです。

ブランド物に身を包んだり、カッコいいアイテムばかりを着ていても調和がとれていなければおしゃれではないのです。

スターを揃えることで、ファッションでは結果的に「うるさい」と相手に感じさせてしまいます。
そう感じさせないために、あえて地味目のものと組み合わせたり、色彩バランスを考えたり。

受け入れられやすいファッションはシンプルで大人っぽい服装へと少しずつ変化をしてきています。
しかし、それだけではおしゃれにならないものまた事実です。

スターをうまく引き立たせる脇役の存在を上手に利用することで、あなただけのファッションが完成するのです。
そんな中で、単品でいいものを選ぶだけでなく、組み合わせていいものも選ぶ視点があると、おしゃれの幅がグッと広がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です