1枚のTシャツを選ぶとき、大事にするのはトータルバランスです。
前の記事で、1つ1つ紹介しましたが今回はトータルでの選び方についてです。

まずポイントは首元の形です。
自分の与えたい印象をプラスできる襟・リブの長さを意識しましょう。

次に表と裏のバランスです。
柄物、プリント系、アルファベット系、無地、ワンポイントいろいろありますが、必ず表のデザインと裏のデザインをじ
っくりと見て、自分の好みを探しましょう。

街中のお店では手に取ってみることができますが、ネットショッピングでは初めのアイキャッチ画像には表面しか映っ
ていない場合が多いです。

表は地味でも裏がかわいい(もしくはかっこいい)なんて場合もあるので、首元でOKならつついて見てみるようにしま
しょう。

最後に全体のシルエットです。
ウエスト部分や方のシルエットが自分に合うものかどうかを確認しましょう。

タイトに着たい方は、若干内側にカーブしているものを選ぶといいです。
ゆったり着たい方は、だんだん外へと広がるフォルムを選ぶといいです。

今のTシャツはデザインはもとよりフォルムも重視して作られています。
ちょっとのこだわりの差が、見せる印象を大きく変えるのです。

そして、アイキャッチだけで判断せず、全体を見る意識をすることでネットショップでもいい買い物をすることはできます。
手軽に自宅で出来るからこそ、ちょっとの時間をプラスして満足のいく買い物ができるよう、納得した服と出会えるよう、参考にしていただけたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です